カテゴリー別アーカイブ: その他

プチ援

 プチ援で興奮しまくったため、セックスになってしまった経験があります。
かれこれ3年ほど前のこと。
まだ大学生の頃のことです。
今もそうですが、当時は学生の身分ですから、予算も少ない。
だから援交ではなく、プチ援をすることが多々ありました。
彼女もいなかった当時の僕は、極度の不満を抱えまくり。
それこそアルバイト代が出れば、プチ援の女の子をネットで探したものです。

 久しぶりのプチ援に、心弾ませてネトナンをしていた時知り合ったのが、19歳の女子大生でした。
恵利(仮名)は、口だけで5000円の条件で待ち合わせが直ぐに可能だったため、会うことに。
場所は某公園の多目的トイレ。
ここで、女子大生にしゃぶりつくして射精することになったのですが、久しぶりだったため興奮が強くなってしまって、思わず奮発してしまうことになるとは、当然予想していませんでした。

 恵利は、見た目も可愛らしい小柄な女の子でした。
小柄なためか、女子高生にまで見えてしまうほどの愛らしさ。
人気の無くなった公園に入り、公衆トイレに向かう。
こういう瞬間って、常にワクワク感を感じてしまいます。
相手はプチ援を何度も重ねてきた女の子だったようで、慣れた様子でトイレに入ってくれました。
カラオケボックスでフェラ

 フェラが始まったら、それはもう大した気持ち良さ。
若いのに経験を重ねてテクニックを身に付けているなという印象でした。
竿はもちろんのこと、タマの方も掌で転がしながらの刺激まで!
こう来ると不満の肉体と精神は我慢ができなくなって、挿入したい気分に。
「お願い、あと1万円出すから、挿入させてよ」
「ええっ、ダメですよ、口だけです」
「1万円出すんだよ、お願い。挿れさせてよ」
「ええ・・」
恵利の顔の前で万札をひらひらさせると、何とか頷いてくれちゃって立ちバック。
そりゃもう女の子のオマンコの中の気持ち良さは、口以上ですからね、メチャクチャ腰振ってしまいました。

 稀に、こういうパターンもあったりするんですよね。
ちょっと大きな出費になっちゃったけど、挿入で射精ができて、このときはとっても痛快な気分でした。
手コキフェラ
車内フェラ